道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に... 今日も元気に踊ってます。 みなさまも、ぜひご一緒にw

ホンモノの写本に触れる(@@)

昨日は最新の印刷&加工を見てきましたが

今日は打って変わって時代をさかのぼってきました♡

高田馬場の芳林堂で開催中の

〈羊皮紙工房コレクション特別展示会〉です(^^)v

ギャラリートークからの参加でしたので

思いっきり堪能させていただきました!

展示されている写本葉その他の資料すべて

撮影OKもうれしいけれど

じかに触って厚さやなめらかさなどの手触りを

体感してください!って、

楽器は鳴らしてもOKって...

至れり尽くせり

明日まで開催中なので

文字どおり 〈行かないと損〉 ですよ(@@)

 

気に入ったのが当時の夜の暗さを再現した展示

 ↓ ↓ ↓

 

蠟燭🕯のゆらぎに煌めく金箔とか感動的(@@)

『陰翳礼讃』の行燈で見る屏風絵の世界も

こんな感じかしら?

 

当時の写字生がつかった道具の再現

 ↓ ↓ ↓

実際に椅子に座って、視界とか距離感とか

体験できます♡

 

こちらが今回いちばん気になっていた

グーテンベルク活版印刷機の卓上版

 ↓ ↓ ↓

しっかり細かいところまで

観察させていただきました v(^^)v

いろいろとうちのグーテンベルクごっこにも

反映させたいと思いますw

 

それにしても

羊皮紙に羽ペンで、パピルスに葦ペンで

実際に書く体験までできちゃうの

でもって、活版印刷まで!!!

こんな機会、滅多にありません

興味ある方、ぜひぜひお運びくださいませ!

来週から始まる内藤コレクションの公開の

準備運動としても、おススメですよぉ(^^)/

 ↓ ↓ ↓

 

活版印刷は、タンポが扱いづらいという以前に

インキのねりが足りてなかったんだと

思うんですよね...(ーー;